配信イベントの手間を省いて効果UP!「疑似ライブ配信」とは

表彰式、講演会、賞品発表会などで、コロナ対策の観点からライブ配信に取り組まれている企業様が多いかと思います。そこで、
「機材トラブルにすぐに対応できない」
「出演者の進行がスムーズにいかない」
「ライブ配信をひとつのコンテンツとして効率よく運用したい」

このようにお悩みの方には、「疑似ライブ配信」がおすすめです。
この記事では、疑似ライブの基本情報から、運用に必要な映像収録・ライブ配信業務までご紹介します。

疑似ライブ配信とは

事前に収録・編集した動画を再生して配信し、決まった日時に視聴者が配信を視聴する形式のことを「疑似ライブ配信」といいます。

配信形式の種類

疑似ライブ配信:事前に収録した映像を配信する配信形式 (例:テレビの収録番組)
ライブ配信:リアルタイムで撮影・配信を行う配信形式 (例:テレビの生放送番組)
オンデマンド配信:動画をいつでも見られるよう公開する配信形式 (例:You Tubeコンテンツ)

疑似ライブライブ配信オンデマンド配信
事前収録ありなしあり
配信の難易度かんたんむずかしいふつう
主な活用シーンウェビナー商品発表会就職説明会表彰式、株主総会、展示会ウェビナー(アーカイブ配信)、社内メッセージ

疑似ライブ配信のメリット

疑似ライブ配信では、事前に撮影・編集を行うことで、ライブ配信よりも本番時にトラブルが起こるリスクが下がり、手間を省きながらも視聴者にクオリティの高い配信を届けることができます。
また、視聴者自身で早送りや巻き戻しができない一度きりの配信なので、オンデマンド配信よりも視聴者の参加意欲が高い状態でアプローチすることができます。
参加意欲の高い視聴者へクオリティの高い配信を届けることで、質の高い反応を得られやすくなり、配信の効果UPへ繋がります。

疑似ライブ配信だからできること

出演者のスケジュール調整がスムーズ!

ライブ配信では決まった日時に出演者のスケジュールをおさえる必要がありますが、疑似ライブ配信では好きな時間に撮影できます。「出演者の都合で突然参加できなくなった」「進行が押したせいで、次の出演者を待たせてしまう」などのトラブルを防ぐことができます。

撮り直し・編集で思い通りの配信ができる!

やり直しが効かないライブ配信と比べて、疑似ライブ配信では何度でも撮り直しが可能です。言い間違えた箇所の訂正だけでなく、テロップや合成技術を活用した配信画面の作り込みに時間をかけることもできます。

配信~撮影までおまかせください!

当社では、疑似ライブ配信に必要な疑似ライブ配信のオペレーションから撮影・編集まですべてサポートいたします。

配信オペレーション

表彰2

イベント対応件数 年間約20,000件以上
オペレーター対応で安心!

※2019年時点

配信に必要な音響・照明・映像・配信のオペレートは全て当社スタッフにおまかせください。
ホテル、貸会議室、オフィス、イベント会場など、様々な現場で培った対応力で、配信を成功へ導きます。

疑似ライブ配信の実績

表彰式の事例はこちら 事例紹介|表彰式の動画収録+ライブ配信事例(公益財団法人 野口研究所様) ウェビナーの事例はこちら 事前収録を利用したウェビナー配信 ON studio事例|事前収録を利用したウェビナー配信

撮影・編集

企画・撮影・編集・納品までおまかせでOK!

当社スタッフがご要望をお伺いし、配信に最適な動画を制作します。
専用のカメラ・ソフトを用いた高品質な動画制作が可能です。
多様なジャンルの制作実績がありますので、安心してご相談ください。

【動画制作ジャンル例】
プロモーション動画、製品/サービス紹介動画、感染症対策 周知動画、会社紹介動画/企業CM、ブランディング動画、イベント用 演出動画(アタックムービー・オープニング演出など)

動画制作サービスについての詳細はこちら 業務紹介 動画制作 業務紹介|イベント・プロモーション動画制作【動画コンテンツ制作本数 年間500本以上!】

まずはお気軽にお問い合わせください

配信イベントの開催をお考えでしたら、ぜひ一度私たちにご相談ください。
イベントごとに最適な配信形式をご提案させていただきます。

配信関連記事

オンラインイベント事例集のダウンロードはこちら