新しい記事や導入事例を公開しました。

LED照明の調光・調色機能で参加者の気分をコントロール!?

色温度による影響

一般的に、色温度は覚醒度に影響すると言われています。 最近は店舗や住宅でも、場所に応じて照明の色温度が違う場所も多いのでご存知の方もいるかと思います。 上の「A」の写真は色温度が高い環境、「B」の写真は色温度は低い環境イメージです。 一般的に、色温度が高い環境は人の覚醒度を高めると言われています。 実際に、下記の条件下で実験を行ったところ、それを裏付ける結果も出ています。
    <実験方法>

  • やや複雑な計算を含む課題を、2度実施する
  • 3000K/7000Kそれぞれの環境下で行う

7000K条件下の方が覚醒状態を維持できる光環境だと推測でき、長時間の取り組みに向いていると言えます。 一方、色温度が低い環境では「リラックス」「落ち着き」を強く感じたという結果も出ています。

※参照 色温度と照度が与える生理・心理機能への影響ー集中課題と創造性課題を用いた検討ー (人間生活工学研究室:高橋洵子)

宴席別のオススメ照明環境

宴席ごとに考えると、内容に応じてオススメの環境があります。

色温度:高

参加者が長時間の集中を必要とする会議・セミナーにオススメです。 覚醒度が高い環境のため、活発な議論が出来ることも見込まれます。

色温度:低

リラックスできる環境を作り出します。 そのため、和やかに歓談・交流を促したいパーティ・懇親会にオススメです。

同じ会場でも、照明を使い分けて雰囲気をコントロールしたい…、それを叶える方法が、調光・調色可能なLED照明です! 照明は会場が与える印象を大きく変化させます。 LED電球ならあらかじめシーンやグループ分けを設定しておけば、都度セッティングは必要とせず、簡単な操作で変更が可能です。

さらに、既にLEDに入れ替えているが、調光が上手くできない…などお困りごとはありませんか? ホテルでの常駐オペレーション業務で培ったノウハウを活かし、ご希望に応じたプランニングをいたします。

  • 照明設備入替のご相談
  • 既存機器の不具合対応
  • 照明や映像を用いた空間演出のご提案
照明に関するお困りごとは、電音エンジニアリングにお任せ下さい!
    • 用途・会場に合わせて提案いたします
    • 保守メンテナンスも行います