事例紹介|オンライン抽選会【準備から本番まで イベントディレクターが解説!】

オンライン抽選会

+1

グループ会社の株式会社イベントサービスが、社内向けにオンライン抽選会を開催しました。
イベントサービスが得意とする、企画からディレクションまでの運営面から、抽選器や装飾品などのレンタル業務まで、これまでの実績が総動員されたイベントとなりました。

イベントサービスとは

MICEの企画・運営×イベントレンタル品

株式会社イベントサービスとは、電音エンジニアリング株式会社のグループ会社であり、MICEイベントの運営と、イベントに役立つレンタル品の貸し出しをはじめとした、イベントの総合プロデュース会社です。

MICEイベントでは、企画から本番のディレクションまで、日本語、英語、中国語の3ヶ国語対応が可能です。


レンタル品は抽選器や装飾品など700品以上を所持しており、貸し出しのみの対応から、屋台など接客が必要な場合は現場へ行って接客まで行います。

イベントサービスについて詳しくはこちら

イベントサービスの強み グループ会社 イベントサービスの強み

オンライン抽選会の概要

・催事名:何かが当たる?!オンライン抽選会
・主催:株式会社イベントサービス(外部リンク:http://www.eventservices.co.jp/
・配信ページ:株式会社イベントサービス 公式Youtubeチャンネル「Rental-ESI」
 (外部リンク:https://www.youtube.com/watch?v=WILxC3Yh3Jw
・配信プラットフォーム:YouTube Live
・視聴者数:約250回視聴(開催から1か月間の集計)
・配信場所:株式会社イベントサービス ショールーム

オンライン抽選会のポイント

オンラインイベント内のコミュニケーションに最適!

リアルイベントがなかなかできない中、「オンライン懇親会の中でアトラクション的な要素がほしい」といったお客様や、旅行会社で行われている「オンラインツアー」向けに、今回のオンライン抽選会を企画しました。

一方通行になりがちなオンラインイベントに抽選会を取り入れることで、視聴者や参加者同士での交流の場が生まれ、イベントの満足度を高めることに繋がります

そこで今回はデモンストレーションとして社内向けにオンライン抽選会を実施しました。

その結果、配信後のアンケートからは「楽しい雰囲気が伝わってきた」「社長の登場で盛り上がった」などの声が多く寄せられ、活発な交流をはかることができました。

オンライン抽選会で用意したもの

企画から運営まで、すべてイベントサービスの技術やレンタル品を活用しました。

運営:企画、台本制作、ディレクション

音響:ワイヤレスマイク(司会×2、ステージ×1)、BGM、効果音

照明:ステージ照明、会場照明

映像:カメラ×1

レンタル品:抽選器、鳥居、ちょうちんゲート、桜の木、酒樽、和傘、透明司会台 など

イベントをランクアップさせる装飾品

配信会場であるショールームにステージを用意し、「和風」なコンセプトのものをセレクトして装飾しました。
華やかな演出で、イベント配信の見た目をワンランクアップさせることができます。

配信会場のショールームの様子
【写真内の装飾品:鳥居、ちょうちんゲート、桜の木、酒樽、和傘、透明司会台など】

オンライン抽選会の準備~本番まで

下の図のようなフローを経て、オンライン抽選会を運営します。

オンライン抽選会の運営のポイントを、イベントディレクターのコメントとともにご紹介します。

事前準備

①企画・台本作成

まず誰に向けて、いつ配信するのか、企画を練ります。
企画書が出来たら、抽選会の内容を台本として形にしていきます。

イベントディレクター
イベントディレクター

今回は社内に対する初のオンライン抽選会の開催ということで、手軽に見てもらえるよう配信時間を10分にしました。
そのため、限られた時間内で会社案内や商品説明などをしなければならず、台本作成時に伝えたい内容を絞って『キャッチー』になるよう気を付けました。

②開催告知

メールや回覧板などで、視聴者へ向けて開催のお知らせを送ります。

【今回開催告知に載せた内容】
 ①イベントタイトル
 ②開催日時
 ③視聴ページのURL など

 

イベントディレクター
イベントディレクター

告知の段階で、より多くの人に「楽しそう」と興味を持ってもらえるように、ポップなチラシを作ってみました。

本番日

③リハーサル(本番日とは別の日の場合もあり)

リハーサルでは台本を通してそれぞれのスタッフが本番通りに動き、段取りや見え方の調整、時間管理などを行います。

【リハーサルでやること】
・司会とBGM、効果音のタイミングの調整
・カメラワークの確認
・ストップウォッチを使って時間の確認 
・インターネット回線の確認 など

イベントディレクター
イベントディレクター

台本で想定していた進行が問題なく行えるかどうか、スタッフ一人一人が動きのきっかけなどを決めていきます。本番時にミスがないように、細かいところまで確認や検証を行います。

④本番

本番では、リハーサル通りの進行を心掛けます。

生配信の場合、視聴者からコメントを募集すると、「ライブ感」や「一体感」が出て盛り上がります。

イベントディレクター
イベントディレクター

インターネット回線の環境により、チャットが記入されてから司会が確認できるまでに時間が掛かることがあるので、司会の方はトークで間を埋められるとスムーズな進行ができます。

このように、リアルイベントで蓄積してきたノウハウをオンラインイベントで活かした形で運営・オペレーションを行いました。

第2回 オンライン抽選会を開催しました(2021年5月26日 追加)

今回ご紹介した抽選会は社内向けの配信でしたが、第2回目はすべての方に公開しました。

・催事名:オンライン抽選会

・開催日:2021年5月26日(水)12:30~

・配信チャンネル:株式会社イベントサービス 公式Youtubeチャンネル「Rental-ESI」
(外部リンク:https://www.youtube.com/channel/UCgTwecrhsAaNjbhL8x8GZIg

抽選方法は、参加を希望される方に事前に抽選番号をお伝えし、当日の配信上で抽選番号を発表しました。当選者にはイベントサービスのレンタル商品5万円分の割引券をプレゼントしました。

アーカイブ視聴はこちら

オンライン抽選会は定期的に開催しています。次回開催もご期待ください!


イベントの企画、手配、運営、演出まで全てイベントサービスが対応します。
ぜひお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

実績紹介

レンタル装飾品のカタログダウンロードはこちら

装飾品イメージ 【レンタルカタログ】イベント・パーティ用 装飾品
+1