知っておきたい!ライブ配信のポイント

配信のポイント

0

昨今、企業の講演会や社内イベントなど様々なシーンでライブ配信が活用されています。 

これまで会場に人を集め行われていたイベントも、オンラインで行うケースが増えてきました。
特にお問い合わせが増えているのがセミナー・講演のライブ配信です。

これからイベント等のライブ配信を行おうと思っている方のために、迷わず運営を進めるためのポイントを紹介します。

ライブ配信の基本ポイント

イベントの概要を整理する

これまでの、大人数を一つの空間に集めたイベントと同様、ライブ配信を行うときには事前に概要をまとめておくことが大切です。ライブ配信でのイベントを成功させるため、次の2点はおさえておきましょう。

ターゲットを明確にする
行う配信が社内向けか社外向けなのか、双方でコミュニケーションをとるのか、規模感はどのくらいなのかなどイベントにより使用機材や向いているフォーマットが異なります。ターゲットに合った方法を選択することが大切です。

予算を把握する
ライブ配信を行う際には、配信用の機材だけでなくアカウントの開設や通信環境など、様々な準備を行う必要があります。事前に何が必要なのかをリストアップすることで、予算を抑えることができます。

用意する機材・環境

・配信用PC
・撮影用カメラ
・有線マイク
・音響ミキサー卓

・エンコーダー
・ネットワーク回線
・配信用アカウント
 (既存のプラットフォームを使用する場合のみ)

その他、イベントの内容によっては会場を借りたり、ステージや照明も用意する必要があります。

配信のプラットフォームを選択

ライブ配信のプラットフォームには既存プラットフォーム(YouTube Live・zoom・Microsoft Teams・Webex Meetingsなど)を使う場合と、オリジナルのプラットフォームを作成する場合の2パターンに分かれます。

プラットフォーム選びは重要なポイントなので、それぞれの特徴を理解し選択することをおすすめします。

既存プラットフォームとオリジナルのプラットフォームの特徴

既存プラットフォームを利用

メリット

一般 広く一般に向けたイベントに適している

 無償で多くの機能を活用できる

連携 自社内で運用するサービスと連携可能

デメリット

仕様変更 サービス側由来の障害を回避できない

 視聴側のソフトダウンロードが必要な場合も

迅速なサポート 迅速なサポートを受けられない

オリジナルのプラットフォームを利用

メリット

カスタマイズ イベントに応じたカスタマイズが可能

セキュリティ 強固なセキュリティを持たせられる

サポート 専門スタッフによるサポートを受けられる

デメリット

高費用 既存サービスと比較すると費用が高い

情報拡散 SNSなどの情報拡散に適していない場合も

ライブ配信の実施例

ギャラリーイベントのYouTube Live配信

クライアント
総合人材派遣会社 様

概要
・クライアントが運営しているアートギャラリーでのトークイベントをライブ配信
・YouTubeLiveで配信することで、通常イベント時の集客よりも多くの視聴者獲得に成功
・チャットサービスを活用したリアルタイムのQ&Aにより、イベントへの参加感を創出

キックオフミーティングのWebEX配信

クライアント
米国 人事マネジメント会社日本法人  様

概要
・クライアント社内で利用しているWebEXを使い、海外スタッフのスピーチをライブ配信
・会場側は、カメラ(2cam)とPCをスイッチングした映像を配信用PCに送出
・会う機会が少ない海外スタッフとコミュニケーションをとることで、参加者の一体感が高まった

株主総会のオリジナルプラットフォーム配信

クライアント
医療機器メーカー 様

概要
・株主に向けて、株主総会のカメラ映像およびスクリーン投影資料をライブ配信
・株主個別にID/PWを設定し、部外者が閲覧できないようセキュリティを強固にした
・チャット投稿機能・資料ダウンロード機能・アンケート機能も追加対応

社内表彰式のZoom配信

クライアント
旅行会社 様

概要
・例年開催している表彰式をZoomにて開催。チャット機能も活かし親密感を高めた
・東京支社の一角にグリーンバックを設置。全国の各支店と中継で結びながら進行した
・お祝いのメッセージボードを掲げている社員をホストPCでピックアップすることでライブ感を演出

詳しい様子はこちらで紹介しています

【実績紹介】Zoom表彰式

その他の活用方法

・ワークショップ

・研修配信

・披露宴中継

・入社式(拠点間配信)

・授業のライブ配信

・メンテナンスの遠隔指導 など

電音エンジニアリングのご提案

当社の強み

①配信に必要な全ての機材・スタッフを手配

配信専門会社との協力体制により、ご依頼に迅速に対応することが可能です。

簡易的なシステムから高いセキュリティの配信、更にはネットワークインフラの手配まで、ご希望に応じた最適なプランを提示させていただきます。

②コンテンツの質を向上

映像・音響のプロフェッショナルの観点からコンテンツの質を高めることができます。

複数の映像ソースのスイッチング、ワイプ、またカメラワークなどの映像面において。また、講演者が複数名いる、同時通訳がある場合などの音響面において、視聴者を飽きさせない満足度の高いライブ配信をお送りします。

③イベントをトータルで請負可能

配信業務だけでなく制作・映像・音響・照明まで、イベントのトータル対応が可能です。

弊社が機器の設営やオペレーション等で関わるイベント数は年間で2万件以上、多くの実績により培われた技術とホスピタリティマインドをご提供します。

ライブ配信セットプラン(YouTube Live)

配信に十分な機材と、カメラマンや配信オペレーター等のスタッフを揃えた充実のセットプランです。

プラットフォームは安定性のあるYouTubeLiveを使用。また案件内容に応じて項目の追加・削減のご相談も承ります。

セット内容

機材

・配信用機材:1式

・管理用ノートPC:1台

・撮影用カメラ:1台

・有線マイクロフォン:1本

・音響ミキサー卓:1台

・ケーブル類:1式

スタッフ

・カメラマン:1名

・オペレーター:2名

・設営撤去スタッフ:1式

その他

・事前設定費:1式

・運搬費:1式

システムイメージ

システムイメージ図

※アカウントはご用意いただく想定です。
※ネットワークは会場設備を使用させて頂く想定です。
※会場の回線が要件に満たない場合は、新規開設を推奨させて頂きます。


配信業務だけでなく映像・音響・照明業務など、イベントのトータル対応が可能です。


イベントの開催・配信をお考えの際は、是非お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

関連記事

0