カプコン公認eスポーツ大会 出演者インタビュー(denON Beyond the Region 2020)

出演者インタビュー

+1
出演者インタビュー

11月27日に開催した当社主催カプコン公認eスポーツ大会「denON Beyond the Region 2020」に出演してくださった5名にインタビューすることができました!

大会概要


当社主催カプコン公認eスポーツ大会「 denON Beyond the Region 2020 」


・開催日時
 2020年11月27日 16:00~19:35

・開催拠点
 東京會舘、eXeField Akiba、釧路ギャラクシーゲート星が浦の3拠点を結び対戦したほか、スペシャルゲストのYHC-餅選手は島根県から参加しました。

・開催形式
 YouTubeTwitchによるオンライン配信

大会の詳細はこちらをご覧ください

e-sports 実績紹介|カプコン公認 eスポーツ大会「denON Beyond the Region 2020」

出演者インタビュー

MC・実況を務めたなない氏、ゲスト解説として参加したヴァナヲ選手、スペシャルゲストのYHC-餅選手、
優勝チームの勇利選手、Hipboxer HONDA選手にお話を伺いました。

なない氏(MC・実況)

なないさん

CAPCOM Pro Tour日本語放送などにて、オフィシャル実況・解説を務める他、企業系の大型イベントにも数多く出演。

丁寧な言葉選びとクリアな発声が魅力な eスポーツ キャスターです。

1.メイン会場である東京會舘はいかがでしたか?

 会場が広く、落ち着いた雰囲気でとてもよかったです。

2.メイン会場である東京會舘では弊社の空間演出をご覧になっていただけたかと思います。
  演出面で印象に残っていることはありますか?

スモークやレーザーの演出が綺麗で、大会の雰囲気にとてもマッチしていました。
観客がいなかったのがもったいないくらいです。是非オープンイベントでもやっていただきたいと思いました。

3.対戦中、ベストパフォーマンスだと思ったポイントはありましたか?

実はリハの餅さんとヴァナヲさんの試合が一番熱かったので、あそこはラグチェックだけにして対戦は本番に取っておくのがよかったかもしれません。

4.最後にひとことお願いします!

eスポーツ系のイベントでは、大手の運営でも時間が押すのは珍しくないことですが、今回のイベントではオンタイムで終えられたことが素晴らしいと思いました。

今回はかなり企業色の強いイベントに感じたので、次回あるのであればもう少しプレイヤー寄りの大会感が強いイベントを見てみたいなと思いました。

ヴァナヲ選手(ゲスト解説)

ヴァナヲ選手

ウェルプレイド株式会社所属。

STREET FIGHTER III 3rd STRIKEのリュウ使いとしてご活躍。
現在は 『ストリートファイターV』をメインに活動しており「Red Bull Tower of Pride」BEST8の結果を残しています。

1.メイン会場である東京會舘はいかがでしたか?

とてもしっかりとした建物で、eスポーツイベントではなかなか使用しないクラスの会場だったと思います。
今後も同様の会場を使用出来れば、他社のイベントとの差別化が図れると思います。

東京會舘外観
東京會舘の外観
バンケットホール「ローズ」
メイン会場であるバンケットホール「ローズ」

2.メイン会場である東京會舘では弊社の空間演出をご覧いただけたかと思います。
  演出面で印象に残っていることはありますか?

私の入場シーンでは豪華な演出で気持ちよかったです。スモークの量が少し多かったかな?とは思いますが(笑)

3.対戦中、ベストパフォーマンスだと思ったポイントはありましたか?

優勝チームとのスペシャルマッチで戦った勇利選手との試合は、こちらのリスクを抑えて有利な展開でのみリターンを取っていく動きが出来たので、ほぼ完璧に近い内容だったかと思います。

実際の勇利選手とのスペシャルマッチの映像です。

※1:58:58 から開始します。

4.配信中に見られなかった大会の裏エピソードはありましたか?

スペシャルマッチで戦ったYHC-餅選手との試合についてです。
リハーサルの際に本番と同じキャラクターを使用するのは望ましくないかと思い、
試しに使ってみたエドモンド本田が思った以上に機能していたので
本番で元々使う予定だったバイソンとどちらを選ぶか悩みました。

結果バイソンを選んで負けてしまったので、エドモンド本田にすればよかったかなと少し後悔しています(笑)

5.最後にひとことお願いします!

非常に快適に出演することができました!
また機会があれば是非よろしくお願いします。

YHC-餅選手(スペシャルゲスト)

YHC-餅選手

1000人規模のチーム戦、TOPANGAチャリティ2017、2018、2019優勝、2020年も数々のオンライン大会で優勝。

島根で働きながら活躍しており、『島根の仙人』と言う通称で親しまれ、プロからも評価の高いプレイヤーです。

1.優勝されたエクゼチームやヴァナヲ選手との対戦はいかがでしたか?

ヴァナヲさんはもちろん、優勝チームの方々も強豪であると分かっていたので集中して挑みました。
結果としては勝ちましたがひとつ流れが傾くと危ない勝負だったと思います。
上位のレベルになると派手なプレイよりミスをしないことの方が重要になってくるので、
相手を捌ききったというところがポイントだと思います。

実際のヴァナヲ選手とのスペシャルマッチの映像です。

※3:08:23 から開始します。

2.大会中にYHC-餅選手による島根県の紹介をしていただきました。
 
 紹介したかったけど出来なかった…など何かここで言っておきたいことはありますか?

配信では言い切れなかった場所として、城下町の歴史の色合いを多く残している松江市、大自然を堪能できる離島の隠岐諸島などがあります。 色々見所があるのでぜひ皆様一度はご来訪をどうぞ!

ちなみに、こちらがYHC-餅選手による島根紹介です。

※2:47:40 から開始します。

3.配信中に見られなかった大会の裏エピソードはありましたか?

時間の都合で準備していた島根の紹介が全部しきれなかったのが残念でしたね(笑)

4.最後にひとことお願いします!

今回のイベントのお話を最初に受けて出演しようと決めたのは、地方応援という目的を持ったものであり、なおかつプレイヤーである 釧路本田選手(当社社員)からお話を受けたことが決め手でした。プレイヤーが運営側にいるというのは重要な要素であり、実際のプレイヤーが 安心して参加できるという節はあると思います。
出演依頼をいただきありがとうございました。今後のdenONさんの活動に期待します。

勇利選手(秋葉原チーム)

勇利選手

様々な情報を捉え研究を重ね、実践していく理論派の選手。
ストリートファイターⅤでは主にリュウを使用しています。
現在グランドマスターに到達されています。

1.優勝おめでとうございます!優勝されたお気持ちを聞かせてください!

こうしたeスポーツイベントで、チーム戦での優勝は初めてだったのでとても嬉しいです。
今回、タッグを組んだ相方のHipboxer HONDAさんにも感謝したいですね。

2.対戦中、ベストパフォーマンスだと思ったポイントはありましたか?

エグゼチーム初戦でJIKEICOM Team Esportsチームのかりんを使用した大武さんに対してリュウを使用した対戦です。
Round2の最後、勝利を確定させた必殺技を組み合わせた弱kCA(弱キッククリティカルアーツキャンセル)が決まった瞬間が嬉しかったです!

こちらが実際の対戦です。弱キック→上段足刀蹴り→真空波動拳と連続した必殺技を繰り出していました!

3.優勝された勇利選手はヴァナヲ選手、YHC-餅選手との対戦もありましたが、戦ってみていかがでしたか?

ヴァナヲ選手について

ヴァナヲさんの中で恐らく一番練度の高いだろうバイソンと対戦させて貰うことができました。
そこまで苦手意識があるわけではなかったですが、やはり弾抜け精度や技の振り方が上手かったのでダメージが中々取れなかったです。

実際のヴァナヲ選手とのスペシャルマッチの映像です。

※1:58:58 から開始します。

 YHC-餅選手について
かなり厳しいマッチアップだったので出来ることをやろうと臨みました。
最後は一か八か相手のCAに対して真空波動を打ち返したのですが負けてしまいました。

実際のYHC-餅選手とのスペシャルマッチの映像です。

※3:01:55 から開始します。

どちらの対戦もレベルの高さを感じる結果になりました。

4.配信中に見られなかった大会の裏エピソードはありましたか?

Hipboxer HONDAさんがアレックスに勝った際に勝利の雄叫びを上げてしまい会場で怒られてしまったことです。

Hipboxer HONDA選手(秋葉原チーム)

Hipboxer HONDA選手

エドモンド本田を使用するプレイヤーが多く集う「本田技研」というグループに所属。
現在は使用者も増えてきたレバーのないコントローラー「ヒットボックス」を早い時期から導入し、試行錯誤の中エドモンド本田を使いグランドマスターに到達されています。

1.優勝おめでとうございます!優勝されたお気持ちを聞かせてください!

チームを組んで下さった勇利さんが本当に強くて、そのおかげで優勝出来たと思います。

2.対戦中、ベストパフォーマンスだと思ったポイントはありましたか?

3試合目の優勝を決める釧路チームとの対戦。アレックス使いの野上さんが強くて、これは負けると途中で確信しました。その為、通常では有り得ない選択肢でスピード勝負に持ち込んだ結果、無理矢理勝利を引き寄せてチームに貢献出来たのが1番嬉しかったシーンです。

実際の釧路チームの野上選手との映像です。

※1:32:33 から開始します。

3.優勝されたHipboxer HONDA選手はヴァナヲ選手、YHC-餅選手との対戦もありましたが、戦ってみていかがでしたか?

ヴァナヲ選手について

恐らく本命のバイソンを使われていたら負けていたと思うのですが、さくらを使って下さったのはストリートファイターの多彩さを視聴者に見せたいというバランスを意識されたのかと見受けられ、流石プロは意識している所が違うなと感心しました。

実際のヴァナヲ選手とのスペシャルマッチの映像です。

※2:03:20 から開始します。

YHC-餅選手について

流石仙人、強すぎました(笑)島根にはいつか行ってみたくなりましたね。

実際のYHC-餅選手とのスペシャルマッチの映像です。

※2:59:08 から開始します。

4.配信中に見られなかった裏側のエピソードはありますか?

実況のなないさんは最近流行りのVtuberを始められていて、お決まりの「ななはろ〜」とご挨拶差し上げたかったのですが、お仕事中にご迷惑かと思い、言えなかったのが心残りです(笑)

5.最後にひとことお願いします!

私がストリートファイターVで使用している「エドモンド本田」は初心者の方でも扱い易く、上級者には奥深いとても魅力のあるキャラです。 このタイトルを始めてみたいけど、コントローラー操作には自信がないという方でも楽しめるはずですので、これからの方には是非試していただきたいですね。

まとめ

インタビューを通して、選手本人から今大会の試合のポイントや配信では見られなかった裏側のエピソードまで幅広い内容を聞くことができました。
YHC-餅選手による島根紹介は、リハーサルでも熱く語っていたという裏話がありましたが…島根愛を感じる素敵なプレゼンでした!

次回の開催はぜひオンライン配信ではなく、視聴者の皆様にもご来場いただき、当社の演出も含め体感していただきたいです…!
出演者の皆さま、誠にありがとうございました!!


【競技タイトル提供】
 株式会社カプコン様(外部リンク:https://www.capcom.co.jp/sfv/
 ©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.

イベント総合プロデュース-eスポーツ-のパンフレットはこちら

eスポーツパンフレットmain 【パンフレット】イベント総合プロデュース-eスポーツ-


関連記事

eスポーツ

配信

+1