名古屋B.M.C.で研修講演を行いました

5+

2020年2月27日、名古屋栄東急REIホテル様で開催された「名古屋B.M.C.」にて、研修講演を行いました。
 
研修講演のテーマは、これからのホテル宴会場運営で知っておくと役に立つであろう、「音響・照明・映像の2020年問題」と「働き方改革のソリューション」。
一部機材のデモンストレーションや事例の紹介も交えながら講演をさせていただきました。
 

テーマ1 ― 音響・照明・映像の2020年問題

音響・照明・映像が直面している問題として、

・旧B帯ワイヤレスマイクの使用規制

・水銀灯の規制と蛍光灯からLED照明への切り替え

・映像の大型化

を取り上げました。

音響・映像・照明設備は宴会場に欠かせません。私たちは法規制に対応するのはもちろんのこと、時代の流れに沿った設備をご提案します。
 
音響・照明設備の規制については、こちらの記事でも紹介しています。

旧規格のワイヤレスマイクが使えなくなる?
知って得する!LED照明のメリット・デメリット4選

テーマ2 ― 働き方改革のソリューション

「働き方改革」と言っても、その対応策は様々あります。
今回の講演では時短に焦点を絞って、お話ししました。

紹介したソリューションは二つ。
Web会議の支援ツールとなるMeetingボード「MAX HUB」と、スマートフォン・タブレットで操作可能なスポットライト「SALIOT」です。

 
特に注目度が高かったのは「SALIOT」。
 
「SALIOT」とはスマートフォンやタブレットの操作だけで、照射位置や色温度を変えることができるスポットライトです。

機能詳細は、こちらの記事で紹介しています。

新たなスマートライティング、SALIOT(サリオ)
 

「SALIOT」の導入で、会場の仕込み時間短縮が可能です。
 
どの位置にどのくらいの明るさで光を当てるか設定の保存が出来るため、毎回の調整作業が不要になります。
例えば、よく使うステージ位置の設定を数パターン保存しておくことで、どんでんにかかる時間短縮が出来るのです。

 

 
今回はデモンストレーションを行うべく、事前に宴会場のダクトレールに3台の灯体を取り付けていました。


実際に動かしている様子はこちら

手元のスマートフォンから操作していきます。
手軽に操作する様子を見て、IoT技術の進歩に驚きの声があがりました。

デモンストレーション①

色温度を変えることで、青白い色からオレンジ色の照明になりました。

これにより、色温度の違いによる印象の変化も体感していただきました。
 

色温度についてはこちらで詳しく紹介しています。

LED照明の調光・調色機能で参加者の気分をコントロール!?

デモンストレーション②

ダクトレールに吊るしたスポットライトの、上下左右の向きを変えたり、配光角(光の広がり方)を変えていきます。

まとめ

名古屋B.M.C.に参加された方と情報交換をさせていただきましたが、ホテル様ごとに抱える課題は様々です。

お客様にとって最適なご提案をするために、私たちはお客様の課題に向き合っていきます。

 

中部エリアのお問い合わせは、こちらのフォームか、下記までご連絡ください。

中部・名古屋

〒452-0822 愛知県名古屋市西区中小田井4丁目175番地
TEL : 052-509-2960/FAX:052-503-1514

5+