宴会場にぴったりのワイヤレスマイクとは?

1+

今はまだ、B型アナログ?

ワイヤレスマイクには送信に使う電波の周波数によって、様々な方式がございます。

 

A型

AX型

B型

C型

2.4GHz型

周波数

797.125~805.875MHz

779.125~787.875MHz

806.125~809.750MHz

322.025~322.400MHz

2.404~2.4835GHz

主な用途

コンサートなど大型イベント(免許要)

コンサートなど大型イベント(免許要)

ホテル
会議室・学校

駅アナウンスなど簡易業務放送

Wi-Fi等(混信に注意)

現在は多くの宴会場で「B型」のアナログ伝送が使用されていることが多く見受けられます。

B型デジタルとは?

音声をマイク内でデジタル信号に変換し、B型アナログと同じ周波数で送信します。

デジタルにするメリットとは?

高音質かつ、電気ノイズの影響を受けにくい
ノイズ

デジタル信号に変換することで、ホテルでよくある電源ノイズの影響を受けにくくなり、会場内全体にクリアな音声を伝える事が可能です。

同一会場・同時運用本数を多くできる

B型デジタルワイヤレスマイクの場合、相互変調※によるノイズの影響を受けない為、同一会場で同時に10本も使用することが可能です。

※相互変調とは、複数の周波数が互いに作用しあい、特定の周波数ノイズを生み出してしまう現象です。

盗聴されにくセキュアな機能

アナログ機器では簡単に盗聴されてしまいますが、多くのB型デジタルワイヤレスマイク機器では、信号を暗号化して送信する為、第三者に情報が漏れにくい環境を構築できます。

B型デジタルワイヤレスマイクは

    • 10本も同時に使用できる

    • 高音質でセキュアな

    • 宴会場にぴったりのマイク

です。

導入までの流れ

STEP.1
ヒアリング・現場調査

現状の確認、下見を行い、お客様のご用件に合ったコンサルティングを行います。

STEP.2
デモンストレーション

事前に機材をご覧になられたいなど、ご希望に添える場合には機材等の持ち込みやショールームへのご案内を行います。

STEP.3
ご契約

十分な吟味が完了した後、ご契約手続きへ移行させて頂きます。

STEP.4
施工・調整・取扱い説明

現場での施工・調整、完了後にお客様への取説を実施いたします。

STEP.5
保守

保守が必要な製品の場合は、オンサイト保守やリモート保守、定期点検など、お客様のご用件に合った保守プランを行わせていただきます。なお、納品から1年間は瑕疵期間として保守させて頂きます。

機器の選定から施工・保守までワンストップで対応いたします

よくある質問




まずは弊社へご連絡ください。経験豊富なスタッフお伺いし、お客様に合った機材導入をご説明します。



ワイヤレスマイク本体以外の原因も考えられますので、まずはご相談ください。



弊社スタッフが訪問し、設置可能か現地調査を行います。



国内外の多数のメーカーを取り扱っていますので、お気軽にご相談ください。



プロジェクターの常設工事をはじめ、年間600件以上の施工経験がございます。安心してご依頼ください。



実機のデモンストレーションが可能です。お気軽にご相談下さい。



点検保守サービスをご利用いただければ、全てお任せいただけます。


1+