新着情報

導入事例|オフィスのBGM工事(電音エンジニアリング)

スピーカー配線

6+

2020年4月、新宿オフィス開設


2020年4月、弊社(電音エンジニアリング)は事業拡大に伴い「新宿オフィス」を新たに開設しました。

Web担当の我々と、映像制作チームが勤務しています。

看板

BGM工事の概要


オフィス開設のために机や椅子、備品など様々な準備をしました。BGM設備の施工もその一つです。

しかし、新しいオフィスには音響設備がありません。そこでスピーカーの設置とBGMソフト「FaRao PRO」の手配を行いました。

音符のイラスト
「FaRao PRO」とは

500以上の多彩なチャンネルを持つBGMサービスで、弊社のお客様にも多数導入されています。

タイマー機能を使ってチャンネルを切り替えることができるので、曜日・時間帯別にあわせたBGMチャンネルの設定ができる便利なサービスです。

システム構成

システム構成1


1階、2階に天井埋込スピーカーを4台ずつ取付。パワーアンプとFaRao用のタブレットは2階に置く、シンプルなシステム構成です。

作業中の様子を追いました!

スタート!

1階から2階の配線

1階配線


1階・2階に分かれてスタンバイ。配電盤を使ってスピーカー用の配線を通します。

1~2階の配線

スピーカーの設置

SP取付

STEP1


まずはオフィス内の環境を確認しながら、スピーカーの設置位置を決定します。

スピーカー位置決め

STEP2


設置位置が決まったら、点検口などを用いてスピーカーを接続するための配線を通します。

スピーカー配線
スピーカー配線2

STEP3


専用の機械でスピーカーを取り付けるための穴を開けます。

開口作業
開口作業2

STEP4


通しておいた配線をスピーカー本体に接続して天井の中へ…

スピーカー取付
スピーカー取付2


スピーカー本体を天井にはめ込んだら、パネル(グリル)を付けてスピーカー天井の穴を覆います。

スピーカー取付3
スピーカー取付4

ボリュームコントローラーの設置

ボリュームコントローラー


ボリュームコントローラーの設置位置を決めたら、まずは壁の中に配線を通します。

コントローラー配線
コントローラー取付


カバーを取付たら本体と配線を接続し、はめ込んだら設置完了です。

※今回は壁がコンクリートのため、ボックスによる設置となりました。

コントローラー取付2
コントローラー取付3

スピーカーとパワーアンプを接続

配線


音源(タブレット)とパワーアンプ、スピーカーを接続します。

アンプ配線
完了1

ボリューム調整

最終調整


機器の設置・接続を終えたら、実際に音を出しながらボリュームの調整を行います。

アンプ調整2

動作確認と清掃


調整を終えた後、最終確認として各スピーカーとボリュームコントローラーの動作確認を行います。
また、作業中に機器や床・什器についてしまったホコリの掃除も行い、ピカピカの状態で作業を終えます。

完了2

取扱方法の説明


工事責任者がタブレットの使い方などをユーザーに説明してBGM工事は終了です。

取扱説明

終了!

BGM工事を終えて…

今回のBGM工事はシンプルな機器構成でしたが、このブログでは紹介しきれない程、随所に“職人技”が光っていました。

貴重な現場の様子を知ることができ、大変興味深い時間でした!

今後もこのような機会があれば、導入事例としてご紹介します!

6+