新しい記事や導入事例を公開しました。

撮影現場に行ってきました

こんにちは!Web担当のわいだです。

 

今回は映像制作部隊に密着! 撮影現場にお邪魔した様子をお届けします。

 

1,はじめに

今回は披露宴向けの映像撮影を行います。 テーマは「Heartwarming(ハートウォーミング)」で「ホロっと感動」させること。結婚式という大切な日に込めた新郎新婦の想いを、ミニチュアを使ってストーリー仕立てにして表現しました。

 

2,準備

まずは円卓のセッティング。そしてカメラをセットしていきます。 ミニチュアを使った映像なので、撮影はアップのシーンが多数。そのためミリ単位の違いで映り方が変わります。細部まで気を配ってセッティングを進めました。

 

3,撮影開始

スケジュール通りシーンを撮り進めていきます。 撮影した後はモニターでチェック、思い通りの画が撮れるまで何度も撮影を繰り返します。撮影の途中、撮りたいアングルがあるためカメラを上げようとすると、ちょうど天井の梁に当たってしまうハプニングも。円卓の位置をずらして撮影を進めました。

 

4,撮影終了

ちょっとしたハプニングはありましたが、予定通りに撮影は終了。 この日は朝から夜まで、映像制作チーム以外にも実際の営業担当など沢山の部署の人たちが撮影に参加。機材の撤収まで全員で協力して行い、電音エンジニアリングのチームワークを感じた一日でした。

 

出来上がった映像をちょっとだけご紹介…
詳しくはお伝えできませんが、編集を終えた映像の一部をご紹介。 円卓を使って結婚式までの道のりを表現しています。

 

この映像には実際の営業担当も企画から撮影・編集まで携わっており、どんどんお客さまに提案して感動をお届けしたいと意気込んでいます!