新着情報

医療機関向けリモート支援サービスのご案内

現在、感染症リスクが高まっていることにより、全国の医療機関様では医療従事者の方々が非常に困難な状況下で働いていらっしゃるかと思います。
そこで、我々は、長年取り組んできた手術室向け映像ソリューションをベースにし、少しでも医療従事者の方々のお役に立てることはないかと考えました。

感染症リスク下における課題

今後、我々の社会は、中長期に渡って、感染症リスクと共に歩んでいく必要性があるといえます。

たとえば、これまで”あたりまえ”と感じていた入院患者のケアや入院患者とご家族の面会、新生児とご家族の面会などに、これまでには無かったルールや垣根を設ける必要性が出てきました。

感染症・重篤入院患者さんのケア

感染症・重篤入院患者さんのケア

入院患者さんとご家族の面会

入院患者さんとご家族の面会

新生児とご家族の面会

新生児とご家族の面会

そのような状況のなかで、医療機関様がどのようにすれば”これまでのあたりまえ”を実現することができるのかということが、大きな課題となってきます。

そこで我々は、今後の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)第2波、第3波に備え、感染症患者を受け入れる体制のひとつとしてリモートコミュニケーションの仕組みをご提案することにいたしました。

我々だからこそ支援できること

我々電音エンジニアリングは、手術室、血管造影、ICU・HCUの各分野において、長年の間、映像・音声を使って医療従事者を支援する製品を展開しております。清潔度の高い手術室やバイオクリーン手術室における映像モニタリング設備のノウハウを持っています。

そしてこれらの商品に共通しているのは、医療従事者が常に優先すべきメイン業務に集中しながらも、情報共有や安全対策、人材育成を円滑にすることを目的としているところです。

我々はこれらのノウハウをベースに、医療機関様向けの「リモート支援ソリューション」を考えました。

  1. 医療安全対策
  2. チーム医療の実現
  3. 人材育成及び心理的ケア
  4. 患者さんのQOL向上
我々だからこそできること

我々だからこそ支援できること

リモート支援の具体例

  1. 感染症患者看護のリモート支援
  2. 重篤患者看護(ICU・HCU)のリモート支援
  3. 面会制限中のご家族とのリモートコミュニケーション支援
リモート支援の具体例

リモート支援の具体例

サービスについて詳しくはこちらをご覧ください
https://ortis.denon-eng.jp/

医療機関向けリモート支援サービスについて、こちらに詳しく掲載しております。説明やお見積り、デモのご要望がありましたらご遠慮なくお尋ねください。

医療機関向けリモート支援サービス詳細